忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ご来場ありがとうございました!

全ての始まりは、3年前の4月でした。

大学入学したての僕が、清心館の前をうろうろしていると、
いかついお兄さんが近寄ってきて、僕にビラを手渡してきたんです。
その方は、すでに月光斜を卒業されてしまいましたが、そのビラには
こう書いてありました。

「劇団月光斜2010年度新入生歓迎公演MISERY」

その公演を、僕は観に行きませんでした。
しかし、観に行かなかったにもかかわらず、僕は劇団月光斜の門をたたく
ことになります。

それからは、本当にいろいろなことがありました。
初めのころは、上回生のすごさに圧倒されっぱなし。
ほんとに同 じ大学生なのかと思うほど、存在感のある彼らの姿を見ながら、
頼もしく感じるのと同じくらい、いつか追いつきたい、追いついて、先を行き
たいと思っていました。
一緒に走る同回生は、よきライバル。特に同部署の4人とは、腕を競い合い
ながらここまで来ました。

本当に濃密な4年間。
この4年間を経て、僕の人生観は大きく変わったように思います。
断言できることは、3年前のあの日、清心館の前でビラを受け取ったことが、
僕の人生にとっては大きなターニングポイントの一つでした。
そう言い切ってしまえるほど、僕にとって月光斜は大きな存在なんです。

しかし、始まりがあるということは、終わり もある、ということです。
劇団月光斜2013年度学園祭企画『踊る男』。
この作品を最後に、神野春樹は月光斜から卒業します。

この公演に参加してくれた皆。
公演の外から支えてくれた方々。
今まで多くのことを教えてくださった先輩方。

そして、今公演を見に来てくださった全てのお客様に、感謝の意を表したいと思います。

本当に、本当にありがとうございました。

そして、もしどこかで出会うことがあれば…その時は、一声おかけください!

PR

 

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
劇団月光斜
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R