忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

終わらない輪舞曲

先日は2014年度卒業公演『亡国の輪舞曲』に御来場頂きまして、誠にありがとうございました。
演出を務めました、あまのJです。

早いもので、終演からもう一週間が経過致しました。
稽古の日々が続いていて欲しいような、終わって安心しているような、何とも言えない感覚です。ただあるのは、終焉したという事実。それは、我々卒団生にとっては一つの公演というだけではなく、月光斜における大きな区切りを表しているのでしょう。勿論、今後も演劇を続ける者もおりますが、
我々が、我々で、劇団月光斜を冠して芝居を作ることがなくなった
というのは紛れもない事実です。

長く続いて来た劇団月光斜にとっては、また年に一度の卒業公演が終わっただけなのかもしれません。単に一部の劇団員が節目を迎えただけとも言えます。それは、劇団月光斜の公演はどれも面白いものでなければならないという団体としての矜恃故かもしれません。

今公演で、我々の出来る限りの面白いを体現したつもりです。4年毎の学生の入れ替わりもありますが、組織としての循環も個々人の経験の蓄積も、すべては来たる公演で最も面白い公演を創るために働いています。

来たる冬公演を皮切りに、
劇団月光斜はもっと面白い芝居を創り続けていくと期待してください。面白いの形は違えど、必ず面白い芝居を続ける劇団であり続けるでしょう。


2011年度夏公演『クロス』以来、大変お世話になりました。
ステージを我々と共に創り、御覧くださった全ての方に、深く御礼申し上げます。


あまのJ
PR

今公演は某ファストフード店と共に

こんばんは。
情報宣伝部チーフ2回生のえみりーです。

本日総括と決算を終え、今公演もようやく終わりを迎えました。

今公演も本当に色々なことがありました。
何度も何度も某ファストフード店で作業をしながら朝を迎えました(笑)

多くの先輩にたくさんの助言や忠告をいただき←
一部の同回生からは山のように仕事を振られ死にそうになり(冗談やで
頑張る後輩の姿からは元気と癒しと慈しみの精神を学びました(笑)
基本的には皆から元気をもらってましたよ(笑)

御来場くださった方々、劇団月光斜情報機関誌ORANGE MOONはいかがだったでしょうか?

通称「4回生冊子」と呼ばれるこの読み物は、これまでとある一人の先輩が大事に大事に作り続けてきたものでした。
今回その先輩が卒業するにあたって、私はこの冊子を作るためにほぼ気合いだけで公演に参加しました(笑)
しかし気合いだけで乗り切れる訳もなく。
参加者外には「無理して作る必要は無い」と言われ、参加者にも「冊子自体に宣伝効果は無い」「冊子を作るぐらいなら他の企画を打つ方が良いのでは」「もう作りたくない」とまで言われ。
言われる度に悔しくて。
悔しくて!悔しくて!!悔しくて!!!
辛いよ!(笑)
本当に悔しかった!!悔しすぎて某ファストフード店の前で泣きました。美しくないですね(笑)
結局、
私はこの冊子が作りたいんだ!!作らせろ!!
と半ば強引に作りました(笑)

作る過程で、私はひととひとの想いを繋ぐという場面に幾度となく出会し、それらにとても魅了されました。

私がこの冊子を作りたかった理由は、結局誰にも話していません。
あまり聞かれませんでしたし、聞かれても言いませんでした(笑)
その先輩のためだとか、4回生が好きだとかも勿論多少はありましたが、もっともっと大きな理由が他にあって。
この冊子を読んでくださるお客様に伝えたいことがあったのです。
勿論、製作者の手を離れた以上、冊子から伝わるものの解釈はお客様に委ねます。
でも、誰か一人でもいいから伝わるといいな、と思いながら冊子を作りました。
某ファストフード店で目の下に熊を飼いながら(笑)

公演期間中、私を気遣って「頑張らなくていいよ」と言ってくれたその先輩に、私は「頑張ります」と言い続けました。
冊子の作成やこの公演を通して、自分が些か頑固になったのは見ないふりで(笑)
結局完成したのはゲネの日で、公演参加者のみならず参加者外やOBOGさんにも多大な迷惑をかけましたが、なんとかお客様の手に渡すことが出来て、本当に嬉しかったです。

ページ数等の都合により掲載できなかった3ページもありました。後日参加者向けに編集して配ろうかな。

冊子のみならず、この公演を通して誰かの心に何かが伝われば幸いです。

劇団月光斜2014年度卒業公演『亡国の輪舞曲』に御来場くださった方々、また気にかけてくださった方々、本当にありがとうございました。

次回公演をお楽しみに!

ハッピーエンド

こんにちは!衣装班の翼です(^^)

まずは、仁川と香西を担当できて幸せでした(´▽`)
2人が舞台に立っているところを見て、感動しました…!
かっこよすぎて、「この2人を担当できて良かったー!!」って心の底から思いました(*´▽`*)



そして、今公演で自分の中の色んなことが動き出したんです!
自分にできること、やりたいこと、足りないこと、直したいこと、四回生の先輩を越えたい気持ち…

こんなにたくさんのことに気づけたのは、やっぱり四回生の先輩の力が大きいです。
特にひなたみかんさん、木粉さんにはお世話になりました。
2人の存在は大きくて、もっとたくさんのことを吸収したかったっていうのが本音です…!全部を吸収するには期間が短すぎました(>_<)
もーなんで卒業しちゃうんですか?ずっと一緒にいたいのに!!

そんなこと言ってもしょうがないですね(笑)
まだ手が届かないけど、四回生の先輩くらいすごい衣装を作ってどや顔できるように頑張りますよ(`・ω・´)


あー先輩たちに出会えてよかった!

僕だ!!!!!

卒業公演『亡国の輪舞曲』観てくださったみなさん!ほんとーにありがとーございました!!!!仁川隼人やりきりましたーーーーー!!!!!波愛離夜白光です!!!!!


いやーーー、なんか今回の公演で大きな大きなおおおおーーきな壁にぶち当たりまくりました!!その壁を越えることはできませんでしたが、ヒビをいれることくらいはできたと思います!!!たぶん…。

この1ヶ月半、ずっーーーといろんな人から 自信をもて!自信をもて!!って言われ続けられてきましたが、正直言って自信なんて持てませんよ…だって、4回生の演技を観て毎回感動で泣いっちゃってたんですもん!みんなかっこよすぎますって!!そんな人たちとしてるなんて、もーーー頭 混乱するに決まってるじゃないですか!!?日に日にみんなとの差を実感していき…ひとりだけ取り残されている気しかしなくて、不安で不安であーーーもぉーーーーって感じで。なんで俺、こんな吐きしかできひんの?パワー負けしすぎやろ とか色んな事を思ってこの公演やってきました。正直オーディションを受けてて、落ちたとしても4回生とオーディションで絡むだけでほんまに幸せだって思ったんですよね…。(オーディション受けながら落ちてもいいとか そんなこと考えるの ほんまくそやろーー!!)でも、ふと思ったんですよ…もし舞台で一緒に演技できたら、おれどーーなるんやろ?えっ、ちょっ、やばくない???!って(O_O)それでキャスト発表で仁川のときに僕の名前が呼ばれたときはほんまに幸せで…やってやろーーーー!!!と思ってたんですが、またすごいことに気づいたんですよねーー。
キャスト5人と絡むのですが…それが全員4回生なんですよ!!!!俺どんだけ幸せなんですかーーーー!!??



って思ってたのに、やっぱり不安は溜まる一方なんですよね…なんで選ばれたんだろうとか、僕が台無しにしてるとか、毎日そんな感じですよ。技術の違いや声の質、量など現実を打ちつけられる毎日でした…それでも、やらないと思って必死に喰らいつこうとしたのですが、基礎もできていないのにただ単に気持ちだけで突っ走ってしまい、散々な目にあいました(´・_・`)、反省点がいっぱいあり、良くも悪くもいい経験をさせてもらいました!!、




しかーーーーし、わたしはめげない!!!!もう、反省するところはしっかり反省して次に繋げる!そう、これが大事だと思うんです!!前をみるんだ、おれよ!!!こんなもんじゃないんです!!!!もっともっと成長して、いつか超えてやるんだ!!!あの人とかあの人とかあの人とか…。俺らを超えたな…とか素のトーンでゆわしてやるんだから!!!!ふんっ!( ̄Д ̄)

4回生のみなさん!おつかれさまでした!!最初で最後でしたが本当にいい経験をさせていただきました!!あなた方はぼくにとって、神様的存在であり、そんな人たちと共演できて、本当にほんとうにほんとーーーーーに幸せですね…ぼく(⌒▽⌒)僕が入斜するきっかけとなった人たちなんですよね…またどっかで共演できたらいいなぁって思ってます!!!それまでに僕もあなたたちと肩を並べる、いや、あなたたちを超える役者になるので、その時はぜひさそってください!!!!!
感動を与えてくれて本当にありがとうございました!!!!!!!

波愛離夜白光はまだまだこんなもんじゃないですよ!!!!楽しみにしといてくださいね!!!!!!!

始まりの合図ε=( ┌^∀^) ┘

ども。4回生のひなたみかんです。

いや~終わってまいましたわ(゜o゜)
正直、あっけなかったというのが本音です。笑

まっ4回生全員で、楽しんで、暴れまわって、笑って、終われてよかったなと思いますっ!!
願掛けは車折神社へGO!!笑

なんだかんだ言ってうちの回生のみんなは月光斜が大好きなんだなって実感しました。笑
そして、みんな好きだからこそ平和に終わらせようと、衝突を避けていたのかな、とも。
途中、みんなが何をしたいのかわからなくなったこともありました。
だから、4回生で集まって話をしようと持ちかけたんですが、やっぱりやりたいことは同じでした。

「おもしろい芝居がつくりたい」
「お客様に笑顔で帰ってほしい」
「観にきてよかったと言わせたい」
「俺達の方がもっといい芝居ができる」

あの時の話し合いのあと、結局何がしたかったの?そんなん当たり前やん!とも言われました。
でも、あの日から、みんなでやろう、あいつも頑張ってるから頑張ろう、と思えたんじゃないかなと思うんです。
少なくとも私はそう思えました。笑
別に一枚岩になりたかったわけじゃないんだよ!
みんなの溢れる個性を一つの方向に向けたかった。
その答えはお客様に届いていると信じています。


も~卒団式で、後輩にメッセージ集をもらい、先輩にも書いていただいたんですけど…
感動しました(T△T)
そして気付いたことがあります。

自分の進んできた道に間違いはなかったんだ。
嫌なことも、いいことも、辛かったことも、嬉しかったことも、全ての経験があって今の私がいる。
今まで出会った人たち、私を支えてくれる人たちがいたから今の私がいる。
ということにです。
当たり前だと言われてしまうかもしれません。
でも、気付くかどうか、実感できるかどうかで見える世界は変わってくると思うんです。

その中でも、月光斜との出会いは私にとって、なくてはならないものでした。
あの日HPを見つけたこと、先輩方のステージを見て「ここだ!」とやりたいことを見つけた感動、勇気をだして飛び込んだこと…
今、その記憶が鮮烈に蘇ってきて、涙がとまりません…。
落ち着け!自分!!笑
あの時、他大学ゆえ悩んだがしかし!
自分の気持ちに正直になって飛び込んでよかった。
私に、芯と自信とエネルギーをくれた仲間に出会えてよかった。
心からそう思います。

これから演劇を続けるかはわかりませんが、趣味程度に関わりはしたいな、とぼんやり考えてます。
でもとりあえず、私はまた舞台に立ちます。
1ヶ月後、大好きな先輩方と一緒に。


終わりは始まりの合図。
月光斜で駆け抜けた4年間を胸に、私は次なる夢に向かって走り始めます。
これまで月光斜に関わって下さった皆様、観にきて下さった皆様、アンケートやツイッター等で応援して下さった皆様、そしてこの長い文章を読んで下さった皆様…!(笑)
本当に、本当にありがとうございました!!!
ありったけの感謝を込めて、皆様の幸せを祈ります\(*´▽`)/

これからの月光斜も、アツい芝居をつくり続けていくと思います!
つまらなきゃつまらないと言ってやってください。
それが、私達の血となり肉となりますので!笑
それでは、よろしくお願いしますね☆

ひなたみかん


カーテンコールの写真の3人は私が担当した衣装でっす!!ドヤ( ̄ン ̄)☆
いい笑顔だ…!笑
月光斜員よ!知ってるか??
役者としてどれだけ頑張るかで衣装のレベルは上がっていくんやでぇぇ!!!
あっ逆にクソみたいな演技してたら刺されるからね!背後から!(^▽<)-☆
もしくはシースルーになるよ!(←誰得?笑)
役作りはぜひ衣装班とともに!!
そんなもんちゃうやろぉぉぉ???
はっちゃけろ――――――(≧▽≦)!!!
私は待っているぞ!(智さんvoice)

笑))
では、またどこかで。(^^)

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
劇団月光斜
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R