忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

D.M.Revolution(堕落メイクスレボリューション)

劇団月光斜2013年度夏公演『ジャンヌ・ダルク』にご来場いただき誠にありがとうございました!


満員御礼、600人以上のお客様にこのお芝居を観ていただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


いかがだったでしょうか?

わたしがこのお芝居を通して感じて、伝えたかったもの、それは諦めないこと、そして人の意志の強さです。


わたしは信仰する神なんて意識したことないからわからないのですが、それでも、ジャンヌの信じるものの為に戦う意志の強さ、生への執着心は何かしら感じるものがあります。


フランスの英雄、しかも西洋が舞台なため、普通にやっては綺麗なお話に成り下がってしまう。

だからこそ、ジャンヌの生々しい生への執着心や声を失ったときの絶望は綺麗には描きたくなかった。


わたしたちはプロではない、だからといって手を抜くわけではなく、あくまで学生らしさ、若さの力にあやかろうと思ったのです。

わたしもいつの間にか二十歳、特に一回生の、がむしゃらにでも食らいつこうとするパワーには圧倒されます。


月光斜らしいジャンヌ・ダルクが出来たのではないか、そう思っています!


そう言えば、この脚本を手に取ったとき、わたしにも不意に声が響いたのです、『月光斜を救え』と。(幻聴)


まあ、救うとかそんな大それたことはしてませんが、やりたいことはやったって感じですね!

辛いこともありました、苦手なことを叩かれたりだとか、精神力の低い僕にはもう辛い辛い(;´д`)


だが、最後まで倒れることなく俺は立ち続けた!

だからみんなも付いてきてくれた!

タイトルの標語なんですが、堕落王が革命を起こす、そんな某アーティストもろパクリなやつなんですが、一人では出来ませんね、革命なんて(´Д`)

協力頂いたすべての方々、足を運んで頂いたお客様、そして参加者のみんな、この全てが揃って始めて革命は成ったと思います!

本当に馬鹿ばっかだなうちの劇団は!お前ら最高!これからも月光斜を頼んだぜ!


俺はそろそろ天に召されるだろう、単位的なsomethingで!だが、後悔はしていない!

今、お前たちに革命の風は吹いているか?
俺は感じた、みんなから発せられる魂の風を(厨二)

誰がなんと言おうが、これだけは言ってやる!

楽しかった!!\(^o^)/


劇団月光斜は新たな仲間を加え、更なる躍進を目指す!


そして、新入団員もまだまだ募集中だ!結構このタイミングで入るやつが毎年いるから気にすんな!


俺はこれからも歩き続けるよ、そうだな、ジャンヌ。
我が愛しき乙女、ジャンヌ・ダルクよ!!!
PR

ありがとうございました。

どうも、ジャンヌ役をやらせて頂きました
れいこです!

無事、公演を終えることができました。

御来場頂いたみなさま、ほんとうにありがとうございました!!!!

わたしにとってこの公演は

かけれるものをすべてかけて
全力で突っ走った公演です。

生まれてはじめてしたショートカットも、今ではお気に入りです。

やはり、至らぬ点も多くありましたが
おもしろいと、一言いっていただきたくて
できることをすべてやりつくしました。

それがなによりも楽しかった。

私がこうして、最後まで頑張ることができたのは

月光斜員、家族、友人、そして御来場頂いたみなさまの支えがあったからこそです。

ほんとうにありがとうございました。

私の大好きなみなさまに
みてもらえて、最高にしあわせでした。

どうかみなさまの心のどこかに、彼女の言葉が生き続けますように。

これからも私は全力で人生を楽しみたいです(`・ω・´)どや


それでは!
また出会う日まで!!!

家に帰るまで。

こんにちは。
衣装班の木野子です。

「ジャンヌ・ダルク」、とうとう本番が終わってしまいました(´ω`)
ご来場、ありがとうございました。

残すところ、総括と決算のみ。
そう、総括と決算。

家に帰るまでが遠足。
総括までが公演。

本番が終わるまでは、とにかく5ステージもてばいい!本番終わったら倒れようと何しようと、もういいやー!ヽ(゜∀゜)ノって気分ですが、実際そうはいかないのです。
本番が終わってもやることはあります。
舞台とっぱらったり楽屋バラしたりBOX片付けたり…。
日曜だけじゃ終わらなかったことを、もう少し頑張らねばなりません。

そして、次の公演で同じ過ちを繰り返さない為にも、スムーズに次の公演を始める為にも、総括と決算は欠かせません(`・ω・´)

無事公演を終えることができましたと報告できるまで、もう一踏ん張り。
参加者一同、最後の最後まで全力で駆け抜けます!


写メはこれから片付けなければならない物達の一部です(笑)

さよならケヴィン。

どうもー。
ケヴィン役をやらせていただきました
"なうしか"です。

とうとう終わってしまったのですよ。
まず抱いた感想は「長くて短かった」でした。

楽ステのクライマックスで泣きました。
"ケヴィン"としても、"なうしか"としても
泣きました。

悩むこともありましたが、
そうして悩んだ末に自分なりのケヴィンになったことで、アドリブが利くほど自由に演技を楽しむことができたのは収穫でした。


公演を通して感じたのは
「自分は本当にお芝居が好きだ」
ということでした。

それを改めて強く確信しました。


1~4ステでは泣けなかったのに
最後の最後で泣けた時、
初めてケヴィンになれた気がしました。
自分なりのケヴィンではなく。

歴史上には存在しませんが、
中島かずきさんの書かれた
ジャンヌ・ダルクのケヴィンとして
舞台上を生きることができました。


さよなら、ケヴィン。
おかえり、なうしか。
待ってろよ、次の役!!!

僕をケヴィンにしてくれた
堕落王さんと全ての役者・専属さんたちに


感謝。

予約受付延長のお知らせ

劇団月光斜2013年度夏公演「ジャンヌ・ダルク」も残すところ後2stとなりました!
初日、中日ともに本当にたくさんのお客様に私たちの舞台を観ていただけたこと、
劇団員一同心より御礼申し上げます。
お越しいただいた皆様、ありがとうございました!!

2日間とも夜ステージ(18:30~)では小ホールの座席数以上のお客様にお越しいただけたために、
急遽パイプ椅子にて増席させていただきました。
ですが増席でご用意できる席の数も限られています。
大変申し訳ございませんが、毎公演多数のお客様にご来場していただける千秋楽のステージでは、
立ち見をお願いする可能性もございます。

そこで、通常であれば席のご予約は希望されるステージの前日24時を締め切りとさせていただいているのですが、
6日のステージに限りましては下記の時間までご予約を受け付けたいと思います。

〈6日のステージのご予約の締め切り〉
13:00~の回→11:30
17:30~の回→16:00

中央の席でご観劇されたいお客様はぜひ予約をご利用ください。
予約はg_gekkosya@hotmail.co.jpもしくはHPの予約フォームからどうぞ。

なお、ご予約いただいたお客様につきましては開演15分前には必ずお越しください。
15分を越えますと予約を解除させていただき、他のお客様にお譲りさせていただきます。
何か不都合があり15分を過ぎる場合は、
上記アドレスもしくは電話(080-3845-2180)にて劇団までご一報ください。


役者もスタッフも最後の瞬間まで全力で走り続けたいと思いますので、
お時間よろしければ学生会館小ホールまで足をお運びください。
お待ちしております!

劇団月光斜 企画広報部

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
劇団月光斜
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R