忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ご来場ありがとうございました!

全ての始まりは、3年前の4月でした。

大学入学したての僕が、清心館の前をうろうろしていると、
いかついお兄さんが近寄ってきて、僕にビラを手渡してきたんです。
その方は、すでに月光斜を卒業されてしまいましたが、そのビラには
こう書いてありました。

「劇団月光斜2010年度新入生歓迎公演MISERY」

その公演を、僕は観に行きませんでした。
しかし、観に行かなかったにもかかわらず、僕は劇団月光斜の門をたたく
ことになります。

それからは、本当にいろいろなことがありました。
初めのころは、上回生のすごさに圧倒されっぱなし。
ほんとに同 じ大学生なのかと思うほど、存在感のある彼らの姿を見ながら、
頼もしく感じるのと同じくらい、いつか追いつきたい、追いついて、先を行き
たいと思っていました。
一緒に走る同回生は、よきライバル。特に同部署の4人とは、腕を競い合い
ながらここまで来ました。

本当に濃密な4年間。
この4年間を経て、僕の人生観は大きく変わったように思います。
断言できることは、3年前のあの日、清心館の前でビラを受け取ったことが、
僕の人生にとっては大きなターニングポイントの一つでした。
そう言い切ってしまえるほど、僕にとって月光斜は大きな存在なんです。

しかし、始まりがあるということは、終わり もある、ということです。
劇団月光斜2013年度学園祭企画『踊る男』。
この作品を最後に、神野春樹は月光斜から卒業します。

この公演に参加してくれた皆。
公演の外から支えてくれた方々。
今まで多くのことを教えてくださった先輩方。

そして、今公演を見に来てくださった全てのお客様に、感謝の意を表したいと思います。

本当に、本当にありがとうございました。

そして、もしどこかで出会うことがあれば…その時は、一声おかけください!

PR

初☆殺陣!

こんばんは。
情報宣伝部1回生のえみりーです(^^)/


劇団月光斜2013年度学園祭企画『踊る男』、全6ステージを終えました。
ご来場くださった方、本当にありがとうございました。

今公演で私はアンサンブルとして、初めて月光斜の舞台に立たせていただきました。
EmilyMartと精霊と患者。
他の役者に比べて着替えもダンスも多くて大変だったけど、舞台に立ててものすごく幸せでした。

ステージを終える度に、「私は月光斜の舞台に立ったんだ」と実感してウルウルしてました(笑)
思い返せば今公演ではたくさん泣いたなあ(笑)

特に印象的だったのが、6ステージ目の前の気合い入れの時でした。
舞台下手の隅でぼーっとしていた私を、とある先輩が舞台中央のライトが当たるところまで引っ張っていき、
「ここがえみりーの場所になるんだよ」
と言ってくれました。

いやもう号泣しましたね(笑)
メイクがすごく落ちました(笑)


高校の時、きっと自分には手の届かない場所なんだろうと思って諦めてしまった世界。
それでも、新歓での月光斜の舞台を見て、
「届くかどうかは分からないけど、この人達の背中を追いかけたい」
そう思って入団を決めました。

そんな先輩方に演技を好きって言ってもらえたり、ダンスを褒めてもらえたりするのは本当に本当に嬉しくて、
「こんなに幸せでいいのか私は!!」
って感じて(笑)

ボキャブラリー不足なので「幸せ」としか表現できませんが、舞台に立てて本当に幸せでした。


演劇は、お客様がいないと成り立たないものです。
だから「舞台に立つ」ということには大きな覚悟が必要で。

今公演を観に来てくださったお客様に、何かが伝わっていればいいな、
次の舞台はもっともっと良いものにしたいな、
と、思うのです。



そうです!
もう次の舞台が迫っているのです!

今月10日(日)に行われる、立命館大学衣笠キャンパスの学園祭のエンディング企画。
月光斜は、17時40分頃、大夜祭ステージにて、殺陣ダンスパフォーマンスを行います!!

よろしければ、是非観に来てください!(*^^*)

カッコいい卜部さんを観ることができますよ!!

【忘れ物のお知らせ】

2013年度学園祭企画『踊る男』にご来場いただき誠にありがとうございました。
無事に全6ステージ終了することができました。
次回公演は12月の予定です。

忘れ物のお知らせです。
こちらのボールペンに心当たりのあるお客様は当劇団までご連絡ください。
g_gekkosya@hotmail.co.jp


劇団月光斜

もうあと少しで。。。

こんばんは。
瀬戸美咲です。

「踊る男」も残りあと2ステージとなってしまいました。
やっと、このあたりで、もう私は月光斜を卒業するのだと
少しづつですが実感してきました。
正直、公演が始まったときも、ステージが始まってからも
これで卒業して、もう月光斜で芝居をすることはないのだと
思うことができなかったんです。
まだまだ、これからも今までと同じように忙しい毎日が
続くのだとそう思ってたんです。
・・・でも、そうじゃないんですね。

私は、大学に来て本当に普通に授業にいって
サークルして、友達と遊んで、就職して、卒業して
って、そんな未来が待ち受けていると思っていました。
でも、月光斜はそんな私の想像をはるかに超えていました。
授業、終わってすぐにサークル、帰って自主練習の忙しい
毎日が続きました。気づいたら、もう4回生でした。
楽しいことだけじゃなくつらいこともたくさんありました。
色々と、犠牲にしてしまったり、家族に心配もたくさん
かけてしまいました。
でも、後悔はしていません。
一生懸命何かに打ち込むこと、辛くても諦めないこと
人に感謝すること、人を助けること、いろんなことを経験できました。

そして、お客様に感動を伝えることができること。

私はもっと多くの人に感動を伝えたいです。
くだらない芝居だと思って観に来てください。
それくらい、軽い気持ちでもいいので足をお運びください。
観てからよかったかどうかは、考えてください。

私の4年間の生き様が詰まっています。

小ホールでお待ちしております。


写真は、私の懐中電灯です。
照明続けていきます、これからも。

今を生きる。


おはようございます。
二回生の荒木輝です。

朝から更新させて頂きます!

昨日無事に1st2stを終えました。
ご来場くださった皆様、
本当にありがとうございました。
感謝の気持ちで一杯です。

今回私は役者をやらせて頂いてまして、
正直言って今公演期間中は
壁にぶつかってばかりでした。
これまでこの月光斜で
5回も役者をやらせて頂いてますが、
これほどの壁は
経験したことがなかったくらいに、です。
そしてその壁は、
本番を迎えた今でもよじ登ってる最中です。

そんなに壁を感じてるのに
なぜ諦めないで
前を向いていられるのかと考えると
「お客様に何かを感じてもらいたい」、とか
「卒業される先輩方と最後にいいものつくりたい」、とか
「ぼく自身演劇が好き」、とか
「支えてくれる人達がいる」、とか
理由はありがたいことに
いくらでもあるんですが、
一番心に強く思っているのは、
「今を全力で生きたいから」ということです。

ぼくはこの
「2013年度学園祭企画 踊る男」という公演を
全力で生きたいんです。
それは役者としても、一人の人間としてもです。


未来の話でも過去の話でもなく
今、この芝居をいいものにしたいんです。
今、自分自身さらに成長してお客様に届けたいんです。
今、このメンバーで公演がしたいんです。
今、この瞬間を生きたいんです。全力で。
そして、大切にしたいんです。




今日は中日。
劇団員全員で120%のエネルギーを
お客様にきっとお届けします。
お時間よろしければ、
ぜひご来場ください!!


P.S.写真はぼくに
翼をくれたドリンクです(笑)

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
劇団月光斜
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R